イタチの捕獲は専門業者に任せる|テキパキ駆除しよう

イタチの存在

男性作業者

近年増加してきている害獣の被害にはイタチによるものがあります。イタチによっての害獣被害は非常に大変なものであり、多くの人が早期の対策や駆除を行ないたと考えているものですが、イタチは中々簡単には捕獲することができないものであり、住宅の様々な場所に侵入してくるものなのです。イタチは住宅に侵入すてくる害獣の中でも比較的大きく、ネズミのように狭い場所までは侵入することができないだろうと考えている人は少なくないでしょう。しかし、イタチは以外にも屋根裏などにも簡単に侵入してきます。イタチの身体は非常に柔軟なものであり、数センチの隙間があればいとも簡単に侵入してきてしまうのです。そのため捕獲が難しくなっています。屋根裏に何かの気配を感じることがあればイタチの可能性を疑ってみるようにしましょう。イタチがいるかどうかのサインは必ず出ているので、しっかりと見逃さず、早期に対応するようにしましょう。

イタチが屋根裏に侵入してきている場合には、いくつかのサインが出てきています。特に気になるものとしては、悪臭があります。住宅でペットなど、動物を飼っていないにも関わらず、周りの環境も特別臭いを発するものではない場合に動物の発しているような独特な臭いを感じるなどした場合には、屋根裏にイタチが潜んでいる可能性は高いでしょう。またイタチは鋭い歯を持っています。そのため、稀に電気の配線コードを噛み切ってしまう事もありえるのです。もしも、屋根裏にある配線コードが不自然に切れていることがあれば、イタチの仕業でしょう。一度屋根裏に捕獲器を仕掛ける必要性があります。電気の配線は、一歩間違えると火災などの原因になります。そのため、イタチの存在を確認したら、必ずどこかにかじられている場所はないか確認しましょう。捕獲器も複数に分けて設置するとより効果を発揮します。効果的に捕獲し、駆除を行なっていきましょう。